バランスボールの使い方、デスクワーク編

バランスボールの使い方、デスクワーク編

最近企業では普通の椅子の代わりにバランスボールチェアを使う企業も珍しくありません。

あとSOHOなどの家がオフィス代わりの会社も、バランスボールチェアを使っているところは少なくないと思います。

ここでは最近人気のでてきたバランスボールの正しい座り方を紹介していきたいと思います。

座り方とバランスボールでのエクササイズはまた違うのでチェックしてくださいね。

バランスボールで正しく座るポイント、腰痛にならないためには、骨盤を立てること。

これは普通に座った場合やパソコンのデスクワークでの座り方でも同じことなのです。

パソコン作業をしていて姿勢が悪い人などの多くは、パソコンで使用している椅子やパソコンデスクが悪いと思います。

骨盤が立つ、立たないということはあまりみなさんにはわかりにくいかもしれませんが、簡単にチェックする方法があります。
ジーンズやスーツなどをはいていると、すぐにわかることです。

まずはじめに立ってみましょう。

この状態は骨盤も立った状態のことをいいます。

次に背中側のベルトをかけるところをつかんで見てください。

そして最後にそのまましゃがんでみましょう。

ヤンキー座りをすると一番わかりやすいんですが、後ろのベルトのかける穴が引っ張られていると思います。

この状態が、骨盤が寝ている状態のことです。

●バランスボールでの正しい座り方●

バランスボールの正しい座り方は、普通の座り方とさほど変わりません。
股関節の可動域は60度まで。
これは、骨格の動きのしくみなのです。
例えば乗馬です。
ヨーロッパでは腰痛の治療に乗馬療法というものがあります。
乗馬での姿勢は、膝がもっと下にあります。

腰痛にならないために、バランスボールで座る場合は気をつけてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。