バランスボールの使い方

効果的に用いるバランスボールの使い方を紹介していきたいと思います。

バランスボールは人気のある良いダイエットグッツですが、使い方が違うとまったく意味がありませんよね。
なので、ここで筋肉や脂肪の中身である骨格姿勢のポイントを書いていきたいと思います。

バランスボールの正しい座り方は骨盤で決まるのです。
バランスボールは、骨盤がポイントなのです。
それも骨盤の位置ではなくて、角度が一番のポイントです。

骨盤の角度をわかっていないで座ってしまうと、背筋が伸びず猫背状態で姿勢が逆に悪くなってしまうのです。

その猫背の状態でエクササイズを続けているとそのまま悪い姿勢を体が覚えてしまうので気をつけましょう。

バランスボールを選ぶときはなるべく大き目を選ぶ方が、姿勢がよくなり座りやすいです。 

ポイントは、おへそから前へ引っ張られるイメージで腰を前に出していきます。

前屈みではなくて、おへそだけ前に出すようにしてください。

このポイントを行えば正しい姿勢でバランスボールのエクササイズを行えると思います。

バランスボールに座っているだけでもダイエット効果や筋力のトレーニング効果が期待できます。

バランスを保ち姿勢を良くすることで自然に全身の筋肉が鍛えられていきます。

座ったままでバランスボールの上で体を軽く弾ませると、お腹周りの腹筋を鍛えることができるのです。

バランスボールに座り、体を左右にゆっくりと傾けるとストレッチ運動になります。

普段ではあまり使わない筋肉を鍛えて、身体の中にたまっている疲労物質を取り除きましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。