バランスボールの効果、エクササイズ

大きめのゴムボールを使うこれが、バランスボールといいます。

スポーツジムをはじめ、いろいろな場所ですっかり定着しました。
最近では学校やオフィスでも色々な方法で使用されるようにもなりました。

ここでは、バランスボールの効果、エクササイズなどを紹介したいと思います。

バランスボールが生まれたのは、スイスでリハビリテーション用具として開発されました。

その後病院やスポーツジムなどから広まってきました。

世界的なアスリートのトレーニングメニューにもバランスボールは取り入れられていて、日本ではサッカーの中田英寿選手が使用しています。
バランスボールにはいろいろなタイプがあって、利用目的や身長に合わせて選びます。

下を参考にしてみて下さい。

身長〜100cm サイズ35cm
身長100〜120cm サイズ45cm
身長120〜155cm サイズ55cm
身長155〜170cm サイズ65cm
身長175〜190cm サイズ75cm
身長190cm〜 サイズ85cm

座って膝を曲げたときに、膝の角度が90度になるのが最適だそうです。

バランスボールは座っているだけでも筋肉を鍛えられます。

座ったときの効果は、

・インナーマッスルを鍛える
(インナーマッスルとは、骨のまわりなど体の中心につく筋肉のことで、普段の生活では鍛えられない筋肉です。)

・姿勢の矯正
(バランスボールに座っているだけで、自然と体のバランスが整うので、体のゆがみがなくなり、姿勢が良くなります。)

・血行改善
(いろんな部分の筋肉を使っているので、血行がよくなり冷え性や腰痛の改善、疲労回復に効果的です。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。