子供のバランスボール正しい座り方

子供のバランスボール正しい座り方編。

バランスボールのてっぺんに、垂直に座るのが基本姿勢です。

足と腰の角度が90度になるよう、空気の入れ方で調整が可能ですので、ボールのサイズを調整してください。

基本のエクササイズ・腰を回す。
バランスボールの上で腰を回します。
頭は振らないようにしてください。

はじめのまだ慣れていない時は、机に手を置いても大丈夫です。


基本エクササイズ・腕振り。

ボールの上で弾んだり、腕を振ったりします。
ジョギングなどと一緒の有酸素運動と同じ効果がでます。


基本エクササイズ・上体そらし。

ボールにもたれて、背筋を伸ばし状態をそらします。
背筋が一番鍛えられますが、腹筋、ももの筋肉も動くのがわかると思います。


基本エクササイズ・ブリッジ。

仰向けになって腰を伸ばすと気持ちいいですよね。
腰を伸ばす事で骨盤の矯正にもなりますし、左右に転がっていかないよう、自然にバランスを取っています。


基本エクササイズ・足を水平に。

慣れないうちは手でボールを押さえてもいいですが、バランスを取りながら脚を水平にします。
太もも全体と腹筋に効きます。


基本エクササイズ・腕立て伏せ。

腕立て伏せの状態で静止するだけでも、かなりの腕の筋肉が必要になってきます。
この腕立て伏せができるあなたは上級者です!

上で紹介したのはほんの一部です。

バランスボールで弾むだけでも、かなりの運動量です。
一番重要なのは無理せず続ける事ですね。

バランスボールの大事な事それは「楽しみながら続ける」ことです。

バランスボールの使い方、デスクワーク編

バランスボールの使い方、デスクワーク編

最近企業では普通の椅子の代わりにバランスボールチェアを使う企業も珍しくありません。

あとSOHOなどの家がオフィス代わりの会社も、バランスボールチェアを使っているところは少なくないと思います。

ここでは最近人気のでてきたバランスボールの正しい座り方を紹介していきたいと思います。

座り方とバランスボールでのエクササイズはまた違うのでチェックしてくださいね。

バランスボールで正しく座るポイント、腰痛にならないためには、骨盤を立てること。

これは普通に座った場合やパソコンのデスクワークでの座り方でも同じことなのです。

パソコン作業をしていて姿勢が悪い人などの多くは、パソコンで使用している椅子やパソコンデスクが悪いと思います。

骨盤が立つ、立たないということはあまりみなさんにはわかりにくいかもしれませんが、簡単にチェックする方法があります。
ジーンズやスーツなどをはいていると、すぐにわかることです。

まずはじめに立ってみましょう。

この状態は骨盤も立った状態のことをいいます。

次に背中側のベルトをかけるところをつかんで見てください。

そして最後にそのまましゃがんでみましょう。

ヤンキー座りをすると一番わかりやすいんですが、後ろのベルトのかける穴が引っ張られていると思います。

この状態が、骨盤が寝ている状態のことです。

●バランスボールでの正しい座り方●

バランスボールの正しい座り方は、普通の座り方とさほど変わりません。
股関節の可動域は60度まで。
これは、骨格の動きのしくみなのです。
例えば乗馬です。
ヨーロッパでは腰痛の治療に乗馬療法というものがあります。
乗馬での姿勢は、膝がもっと下にあります。

腰痛にならないために、バランスボールで座る場合は気をつけてください。

バランスボールで健康に

バランスボールダイエットを使っていると、筋肉の量を増えて基礎代謝が高まり、平衡感覚・バランス感覚が身につきます。

たかがボールですが、これはもともと医療用に開発され、リハビリ用に使われていたものなのです。

現在では色々な場所で正しい姿勢やバランス感覚や平衡感覚を学ぶ道具として、病院などで運動障害患者の治療、リハビリなどにも使われています。

普通だとリハビリに使うと聞くと機械的なものを想像してしまいますが、見た目も可愛いバランスボ−ルを使うことで、楽しくリハビリが続けられます。

フィットネスやスポーツトレーニングにも効果があるということがわかってから、エクササイズの道具としてバランスボールは世界中に広がり、幅広く使われるようになっていきました。

バランスボールを使う事によって、体の筋肉が鍛えられ増えていき、姿勢が良くなって、血行も良くなるので基礎代謝が高まります。

そしてこれをどんどん続けていくと、脂肪が燃焼していくのです。
バランスボールで紹介しないといけない事は、インナーマッスル(体幹筋肉)という部分が鍛えられるということです。

インナーマッスルというのは、姿勢やバランスを制御する筋肉で身体の奥にあるので、一般的なトレーニングだと鍛えられないのです。

しかもバランスボールはゆがみを矯正してくれるので、腰痛なども治ります。

バランスボールについてのポイント

・ボールを用意すれば誰でも簡単にエクササイズできます。
・ボールには正しい姿勢で座る事。

バランスボールでゆがみを解消しよう

バランスボールを使って簡単にゆがみをかいしょうしてみましょう。

人間の身体は左右ありますが、動きは左右対称ではないのです。

立ったり座ったり動きのどれも、手には右利きと左利きがあるように、身体全体の左右のバランスも違っています。

ですからほとんどの人が、微々たる物ですが、左右の肩の高さ、脚の長さなどが違ったりで、身体が歪んでしまっているのです。


そこで、私はバランスボールをお勧めいたします。

バランスボールを勧める1番の理由はやっぱり楽しんででき、取り組みやすいことです。

面倒くさい、時間がないという人が多く途中で断念してしまうケースが高いようです。

それに比べてバランスボールですが、普通に座っていた椅子をバランスボールに変えて生活していただくだけでそれなりに効果があります。

しかしデメリットは場所をとってしまうことですかね。

バランスボールのエクササイズは、バランスを取る事が重要なので身体の左右どちらかに傾いて力が加わっていては、ボールの上に載ることはできないのです。

バランスボールでインナーマッスルを鍛えよう。

バランスボールのいいところはたくさんありますが、そのなかでも体幹部のインナーマッスル、普通のトレーニングでは鍛えられない筋肉も鍛えてくれます。
ですから、バランスボールで鍛える事で見た感じも引き締まって、筋肉量が増加し基礎代謝が上がります。
ということは体脂肪を燃焼しやすい体なるということです!

バランスボールの使い方

効果的に用いるバランスボールの使い方を紹介していきたいと思います。

バランスボールは人気のある良いダイエットグッツですが、使い方が違うとまったく意味がありませんよね。
なので、ここで筋肉や脂肪の中身である骨格姿勢のポイントを書いていきたいと思います。

バランスボールの正しい座り方は骨盤で決まるのです。
バランスボールは、骨盤がポイントなのです。
それも骨盤の位置ではなくて、角度が一番のポイントです。

骨盤の角度をわかっていないで座ってしまうと、背筋が伸びず猫背状態で姿勢が逆に悪くなってしまうのです。

その猫背の状態でエクササイズを続けているとそのまま悪い姿勢を体が覚えてしまうので気をつけましょう。

バランスボールを選ぶときはなるべく大き目を選ぶ方が、姿勢がよくなり座りやすいです。 

ポイントは、おへそから前へ引っ張られるイメージで腰を前に出していきます。

前屈みではなくて、おへそだけ前に出すようにしてください。

このポイントを行えば正しい姿勢でバランスボールのエクササイズを行えると思います。

バランスボールに座っているだけでもダイエット効果や筋力のトレーニング効果が期待できます。

バランスを保ち姿勢を良くすることで自然に全身の筋肉が鍛えられていきます。

座ったままでバランスボールの上で体を軽く弾ませると、お腹周りの腹筋を鍛えることができるのです。

バランスボールに座り、体を左右にゆっくりと傾けるとストレッチ運動になります。

普段ではあまり使わない筋肉を鍛えて、身体の中にたまっている疲労物質を取り除きましょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。